著者名:竹中青琥

表示順条件: 表示順: 表示件数:

該当商品3件中、1〜3件目を表示

  1|  

祖母 竹中ョ(より)の戦中日記

竹中青琥 編

2,750円(税込)

太平洋戦争の最中、昭和19年から20年にかけて、吉祥寺に住んでいた女性、 竹中ョ(より)さん(明治3年・1870年生まれ)による、 戦争中の庶民の生活を日記に綴った貴重な記録。 日記の原本の全ページの各見開きを紹介し、 孫である書家・竹中青琥が解読、解説した書籍。 戦争が激化するにつれ、毎日のように鳴る空…

祖母 竹中ョ(より)の戦中日記

深見東州の書

深見東州 書 / ワシオ・トシヒコ 解説 / 竹中青琥 解説 / 福島輝子 解説 / 松井武利 解説 / 求龍堂 発行

14,143円(税込)

書は、白と黒の芸術であり、余白の芸術でもあります。(中略) 字形や線質や両義性も大切ですが、お習字から離れた 書芸術の究極は、やはり、書に顕れた作者の「魂の品格や輝き」です。 「命」とは「魂の顕れ」と同じなのです。          (本書「エッセー風のまえがき 深見東州」より抜粋) 特に、自由自在…

深見東州の書

竹中青琥の ○書いてヽ(まる書いてチョン)

竹中青琥 著

1,650円(税込)

軽快で爽やかな言葉のはしばしに 一つの道を歩み続ける人生の エキスがこめられている 書家・竹中青琥の珠玉のエッセイ集(詞集も収録)

竹中青琥の ○書いてヽ(まる書いてチョン)

チェックした本を
  1|