ノンフィクション

表示順条件: 表示順: 表示件数:

すべて歴史皇室伝記・自伝鉄道・地下鉄古代史・謎中東情勢

該当商品19件中、1〜10件目を表示

  1| 2|  次へ

十八史略(中)

竹内弘行 著

1,404円(税込)

中国には、「正史」と呼ばれる正統史書が、膨大な巻数ある。そのアウトラインを、速くつかむ要求に応えたものの一つが、『十八史略』である。『十八史略』は、単なるダイジェストではなく、独自の価値観で編纂された部分もあり、お金儲けの秘訣などという、誰でも知りたがる事が、さらりと書いてある。「正史」を逸脱した面は、本書の俗ではある…

十八史略(中)

欧州の国際関係

大井孝 著

12,960円(税込)

【日本図書館協会・選定図書】 各国の政治指導者たちが追求した「国益」とは何だったのか。 フランス外交史から読み解く欧州国際政治史 1919−1946 *本書の特色 ヴェルサイユ体制や国際連盟などの試みがことごとく挫折に終わった欧州国際政治史の全体像を、フランス外交史の視角から概説。本書は、一次資料の徹底的追…

欧州の国際関係

京都散策

奈良本辰也 著

1,728円(税込)

奈良本辰也著作シリーズの第5弾。京都在住50年を越える著者・歴史作家奈良本氏が「素晴らしきかな京都」と題し、京都の魅力をあますところなく描いたエッセイ集。 王朝の雅びと、維新の疾風と。 歴史と文化を象徴する京都──。 伝統の美に秘められた日本の魂にふれる、さまざまな「京都散策」への誘い。

京都散策

幕末維新人物列伝

奈良本辰也 著

1,728円(税込)

大義に生きる、志士たちの情熱と行動。 時代が大きく変わろうとするとき、人々の心は、最も昂揚する。三百年余の徳川幕府を覆した幕末維新の志士たちの荒ぶる魂を活写する。

幕末維新人物列伝

シリウスの都 飛鳥

栗本慎一郎 著

2,376円(税込)

蘇我氏は、どこから渡来してきたのか?! シリウスの影響下「聖方位」をもつ前方後円墳の存在や、そこに隠されているゾロアスター的、ミトラ教的要素によって解明。 「われわれはわれわれ自身を誤解してきた!」という、日本人の価値観や宗教観、日本古代王権の起源に迫る、著者渾身の書!

シリウスの都 飛鳥

日本史紀行

奈良本辰也 著

1,728円(税込)

人は旅に出る。 全く違った世界を求め、現実の奥底に流れる真実を掴むために。 優れた歴史家の透徹した目が、史実に新たな照射を当て、歴史ファン必読の異色な歴史紀行。 「新篇吉田正陰」「古都古寺巡礼」に続く奈良本辰也氏の第三弾。 本書は、「優れた歴史家の透徹した目が、史実に新たな照射を当て、日本人の魂を揺り動かす…

日本史紀行

激動のカンボジアを生きぬいて

ヌオン・パリー 著 / 福岡佐智子 訳

1,620円(税込)

【日本図書館協会・選定図書】  未来へ繋ぐノンフィクション・ストーリー 悪夢のポル・ポト政権下、大切なものはすべて失った。 度重なる命の危機、生きる希望もなく、翻弄された運命から蘇って、いま新たなる使命に生きるしなやかな人生記。 著者は、マザーテレサ、ダライ・ラマも受賞したマグサイサイ賞を受賞。 …

激動のカンボジアを生きぬいて

古都古寺巡礼

奈良本辰也 著

1,728円(税込)

【日本図書館協会・選定図書】  『古都古寺巡礼』は幕末の志士たちを描き続けた奈良本辰也氏の作品群の中でも、女性史を扱ったことでひときわ異彩を放つ著作集です。 第一部の「女人哀歓」は小原流家元の機関誌『小原流挿花』に連載されたもので、連載終了後、『女人哀歓─奈良・京都古寺巡礼』と題して河出書房新社から出版されまし…

古都古寺巡礼

新篇 吉田松陰

奈良本辰也 著

1,728円(税込)

著者・奈良本辰也(ならもとたつや)氏は、「戦後の日本歴史学を代表する学者としても、歴史小説家として有名な方。とくに明治維新期に題材を採った作品『吉田松陰』(1951年、岩波新書)は古典的名著とされていますが、今回弊社から出すこととなった『新編 吉田松陰』は、それ以後雑誌等に連載されたものからさらに厳選。きら星のごとく登…

新篇 吉田松陰

心豊かなお子さまに

松崎敏彌 著

1,728円(税込)

天皇陛下と美智子さまのご教育のもと、愛情深く、厳しいしつけをもって育てられた皇太子さまのご自分のご体験と、雅子さまの知性的でありながら謙虚でご聡明なやさしさがプラスされ、美智子さまとは違ったおふたりらしさもみられる子育てをされていくことであろう。天皇陛下と美智子さま、そして皇太子殿下と雅子さまの二代にわたって実践されて…

心豊かなお子さまに

チェックした本を
  1| 2|  次へ