商品のご紹介

「伝統と革新」第15号

「伝統と革新」

オピニオン誌

「伝統と革新」第15号

四宮正貴 責任編集

判型:A5判並製
ページ数:144
初版年月日:2014/04/30
ISBN:978-4-8133-2522-2
税込定価:1,080円

内容紹介

●特集 日本的変革とは ―伝統と革新の一致

●インタビュー  
 田原総一朗(評論家)山積する内外の課題に日本はどう対処する
 中山成彬(衆議院議員)平成維新が成功するかどうかは、ここ数年で決まる

●執筆陣
 佐藤優(作家)日本人の固有信仰と復古維新
 西村眞悟(衆議院議員)式年遷宮のごとく還るべき古なければ、変革は単なる破壊に終わる
 西尾幹二(ドイツ文学者・思想家)「離米」の精神で、アメリカ大いにもの申す時
 猪野健治(評論家) 稲村公望 
 宮本雅史 伊藤哲夫 森田忠明 三浦小太郎 
 木村三浩 犬塚博英 中尾秀一


今、日本は平成維新の時にある!
現代の日本は、その文化や社会、政治、経済にまで、よき伝統や独自性を破壊し、西欧化していった。
今こそ、日本の伝統を再生復活し、日本的変革を遂げなればならない。精神の復古こそ変革である。
今日の日本的変革と維新について、有識者が熱く論じた。
混迷する日本人の意識にくさびを打ち込む、「伝統と革新」15号待望の発刊。

レビューを書く