商品のご紹介

「伝統と革新」第13号

「伝統と革新」

オピニオン誌

「伝統と革新」第13号

四宮正貴 責任編集

判型:A5判並製
ページ数:168
初版年月日:2013/10/01
ISBN:978-4-8133-2492-8
税込定価:1,080円

内容紹介

●特集 日本外交を問う――アジアの中の日本

●巻頭言 四宮正貴「外圧の危機が迫った今こそ國家民族の再生の好機である」

●インタビュー
 曽野綾子「やはり日本は素晴らしく、すごい国なのです」
 岡崎久彦「米中が手を組むなどとは考えなくていい」
 田久保忠衛「今こそ憲法改正の声を上げないと、日本は米中の谷間に沈みます」

●佐藤 優の視点
 佐藤 優「大川周明『復興亜細亜の諸問題』を外交戦略に復活できるか」

●豪華執筆陣
 西村眞悟「領土と国民を守る「自存自衛の体制」の構築」
 孫崎 享「戦略論から見る日本のアジア政策」
 イリハム・マハムティ「民主党政権から安倍内閣まで ウイグル運動から見た日本外交」

 藤井厳喜「大東亜会議七十周年、その歴史的意義を顕彰する」
 澤 英武「世界をリードせよ」――安倍外交に託す日本国民の願い
 横山孝平「他策ナカリシカ――沖縄返還交渉に見る外交 アジアの要石をめぐる攻防」
 吉原恒雄「日本外交の喫緊の課題――軍事力活用と国際世論への対応」
 木村三浩「弾力性のある日本外交を構築せよ!」
 村田春樹「大東亜戦争と朝鮮人、我等斯く戦へり、彼らは〈後編〉」

●好評連載陣
 犬塚博英「わが体験的維新運動史」第13回
      「この日の慶びと決意を終生忘れることなく」
 中尾秀一 <石垣島便り(7)>
 千駄木庵主人 『やまと歌のこころ』

●編集後記

レビューを書く