商品のご紹介

ぬりえ シュガー・ラッシュ

ディズニー・おはなしぬりえ・シリーズ

ディズニー

ぬりえ シュガー・ラッシュ

うさぎ出版 編集/発行
2013Disney Enterprises Copyright

判型:26p×20p
ページ数:20
初版年月日:2013/03/08
ISBN:978-4-8133-2473-7
税込定価:380円

内容紹介

●ストーリー
舞台はとあるゲームセンター。営業時間中はプログラムに従って子供たちを楽しませているゲームキャラたちは、実は自分の意思を持ち、閉店後にはコンセントを辿って他のゲームに顔を出しては交流を深めていた。

そんなアーケードゲームの一つ「フィックス・イット・フェリックス」で悪役を演じる大男ラルフは不満を抱えていた。本当は共演するキャラ達と仲良くしたいだけなのに、宿敵だが相方でもある主人公フェリックスがちやほやされるのに対し、悪役という理由で自分は厄介者扱いされていつも一人きり。悪役たちのグループセラピーで心情を吐露しても、「ゲーム界の掟を破る気か」と誤解され、「悪役は悪役でしかないから今の現状を受け入れるべきだ」という答えしか得ることはできなかった。

ある日、セラピーから帰宅したラルフは「フィックス・イット・フェリックス」の稼働30周年記念パーティに自分が呼ばれなかったことに気づく。町長から追い出すよう頼まれ、罪悪感を感じながらもラルフを止めようとするフェリックスの制止を押し切ってパーティ会場に乗り込むもお祝いのケーキに自分だけ目立たない場所にあったり、フェリックス以外の共演者から「お前みたいな悪役がヒーローになれるはずがない」と酷いことを散々言われるなど、ついに我慢の限界になったラルフは、自分だってヒーローになってみせると言い残し、ゲームを飛び出してしまう。

ひょんなことから最新のFPSゲーム「ヒーローズ・デューティ」に潜り込むチャンスに恵まれたラルフは、紆余曲折の末にヒーローの証明であるメダルを獲得し、これで胸を張って自分の世界に帰れると思われたが、思わぬトラブルにより脱出ポッドを暴発させ、意図せずして別なゲームへと移動させられてしまう。その頃、ラルフが抜け出したことによる「フィックス・イット・フェリックス」の不具合はゲームセンターの知るところとなっていた。大慌ての出演者達を鎮め、ゲームが撤去される翌朝までにラルフを連れ戻そうとするフェリックスは「ヒーローズ・デューティ」にラルフがいることを知り、追いかけるもすれ違ってしまう。

脱出ポッドによってラルフが迷い込んだのは、お菓子の世界を舞台とするレースゲーム「シュガー・ラッシュ」。ここでラルフは、一人の少女ヴァネロペと出会う。バグキャラである彼女はレースに参加することを禁じられ、ゲームの住人たちに疎んじられていた。営業時間後に開かれる念願のレースに出場するため、大事なメダルを参加登録料として勝手に使ってしまったヴァネロペに憤慨するラルフだったが、「優勝すればメダルは必ず返す」と約束してもらい、運転の仕方すら知らない彼女に協力することになる。やがてラルフは共演者に愛されない孤独なヴァネロペの本意を知り、自身と重ね、お互いの夢を叶える為に交流を深めてゆく。だが後にラルフは誰も知らないシュガー・ラッシュの秘密と隠された陰謀を知ってしまう。

相方のラルフを連れ戻すはずが「ヒーローズ・デューティ」で出会ったカルホーン軍曹に夢中のフェリックス、ラルフと共に抜け出した敵キャラ“サイ・バグ”を追うカルホーン軍曹、ヴァネロペのレース出場はゲームの故障につながるとラルフに主張するキャンディ大王らもラルフ達とともに巻き込まれる中、事態はより不穏なものに。果たしてラルフは、ヴァネロペの願いを叶え、ヒーローとして皆に認めてもらうことができるのだろうか。

★ぬりえコンテスト
巻末のぬりえコンテスト用の絵に色を塗って送っていただいた中から抽選で、絵本をプレゼントしております。
奮ってご応募ください。

レビューを書く