商品のご紹介

伝統と革新 第9号

「伝統と革新」

オピニオン誌

伝統と革新 第9号

四宮正貴 責任編集

判型:A5判並製
ページ数:168
初版年月日:2012/10/10
ISBN:978-4-8133-2456-0
税込定価:1,080円

内容紹介

特集

國體と憲法

[巻頭言]

『天壌無窮の神勅』に示された日本國體精神と、日本の憲法  四宮正貴

インタビュー
「日本の国体は、変化すれども断絶はせず」 渡部昇一

インタビュー
「祖父・頭山満から引き継いだ尊皇精神と大アジア主義」 頭山興助 

インタビュー
「自主憲法制定の大切さ」 稲田朋美
 

日本人の古層を再発見することが信頼の基盤となる國躰を強化する  佐藤優

国体の回復を  長谷川三千子 

我が国の成文憲法は現在も大日本帝国憲法なのである  西村眞悟

国柄と憲法  高乗正臣

女系論者が画策する「女性宮家」の断乎阻止を  百地章

国体と天皇への一考察
 ―日本国成立の五要素を手がかりとして―  相澤宏明  

三島由紀夫の国体論・憲法論  玉川博己

伏見殿の御血脈―
 男系皇胤とは何かとの考え方  中澤伸弘

憲法第一章を考える
 ―象徴規定より元首規定を―  木村三浩

「民族派学生運動」「新右翼」から「真右翼」への変遷
  我が体験的維新運動史 第9回  犬飼博英

石垣島便り3
 東京都へ寄付をしてくれた人達の想いを守りたい  中尾秀一

『やまと歌の心』  千駄木庵主人

編集後記

レビューを書く