商品のご紹介

だれが日本の領土を守るのか?

だれが日本の領土を守るのか?

濱口和久 著

判型:四六判並製
ページ数:308
初版年月日:2012/05/31
ISBN:978-4-8133-2440-9
税込定価:1,512円

内容紹介

森林、自然資源、港湾から防衛地区まで、危険な隣人が領土、領海を狙い、
いつか他国の土地になっている。

その危機と実態を、地政学の観点から、国防・領土問題の第一人者、濱口和久が明かす!
領土問題は安全保障の基本。
国土が奪われながら放置する国家に未来はあるのか。
戦う覚悟なき政治家・官僚が戦争を引き起こす。
西村眞悟氏推薦

●著者プロフィール
 昭和43年熊本県菊池市生まれ。防衛大学校(第37期)材料物性工学科卒業。陸上自衛隊、
 (株)舛添政治経済研究所、民主党幹事長室副部長、栃木市首席政策監、テイケイ(株)常務取締役
 などを歴任する。現在、(株)防災士研修センター常務取締役、NPO法人国際地政学研究所研究員、
 (株)日本政策研究センター研究員、拓殖大学客員教授、日本文化チャンネル桜(スカパー!)
「防人の道 今日の自衛隊」キャスターを務める。

  著書は『思城居(おもしろい) 男はなぜ城を築くのか』(東京コラボ)、『祖国を誇りに思う心』
『日本を守る決意』(ハーベスト出版)、『守ろう竹島! 日本の領土。』(インテリジェンス)、
『機は熟した! 甦れ、日本再生。』(オプサイブ)がある。
 夕刊フジ(産経新聞社)に連載「探訪 日本の名城」を持つ。 外交・安全保障・領土などの主権に関わる
 問題から、日本の歴史や日本の城郭をテーマにした講演を日本全国で行っている。

読者レビュー

 
ユーザー名 : 石原応援団 様
国民の力で石原都知事を応援しましょう。領土問題は国家の基本です。
レビューを書く