商品のご紹介

伝統と革新 第三号

「伝統と革新」

オピニオン誌

伝統と革新 第三号

四宮正貴 責任編集

判型:A5ソフト
ページ数:112
初版年月日:2011/02/17
ISBN:978-4-8133-2386-0
税込定価:1,080円

内容紹介

第二号 目次

特集●「中華帝国主義といかに対峙するか」 
   

巻頭言  日本と「中國」との文化的差異  四宮正貴(本誌・責任編集)

中国の人種主義的形而上学との思想戦を展開せよ   佐藤 優(作家・元外務省主任分析官)

内田良平が指摘した中国の実態から目を背けづに国策を練る姿勢が必要である   西村眞悟

「中華帝国主義」とは何か、その源流と恐ろしい正体   石 平

大きく転機を迎えつつある「日中関係」にどう対処すべきか   稲村公望

覚醒なき国家に未来はない 田中良紹

中共政権は日中両国人民の敵  中山嶺雄

我、いま尖閣の屯田兵に志願するとき来たれり   中尾秀一

支那と管政権へ向けられた怒りの声を国民運動を   八木康洋

九・七中国漁船事件が生起した綻びと歪み   木村三浩

「民族派学生運動」「新右翼」から「真右翼」への変遷 我が体験的維新運動史第3回   犬塚博英

オピニオン誌「伝統と革新」は、四宮正貴の責任編集のもと、「復古即革新」の基本的姿勢に立って言論活動を行っていきます。皇室制度、大アジア主義、神話、明治維新と近代化などのテーマで特集を組み、日本の伝統に根ざし、現代を革新する姿勢に立つ論文などを掲載していく予定です。

 尚、この「伝統と革新」は、単行本コードで発行しており、雑誌ではありません。年間3〜4点の刊行を目指します。

レビューを書く