商品のご紹介

新文章讀本

タチバナ文芸文庫

新文章讀本

川端康成 

判型:文庫大型
ページ数:216
初版年月日:2007/12/18
ISBN:4-8133-2126-2
税込定価:1,080円

内容紹介

ノーベル賞受賞作家・川端康成の貴重な文章論

 川端康成は、
『小説が言葉を媒材とする芸術である以上、文章、文体は重要な
構成要素である。
 そして、小説は言葉の精髄を発揮することによって芸術として
成立する』と説く。
 古典作品だけではなく、芥川龍之介、永井荷風、志賀直哉、
武者小路実篤など、近代小説家の多くの作品を引用して、
文章の本質に迫り、美しい日本語への素直な道に読者を誘う、名随筆。
「新文章読本」(昭和25年10月)
「文章学講話」(大正14年7月)
「新文章論」(大正12年11月)
「新文章論」(昭和27年4月)の4編を収載。

レビューを書く