オペラシンガーソングライター深見東州の世界
雨の中のバラード
雨の中のバラード
今までになかった、ドラマチックな詞・曲・サウンド。そして、天性の美声と歌心に癒されます!!
表紙絵・詩・曲/唄 深見東州
エッセー風まえがき「オペラシンガーソングライターとは、何なのか」入り、豪華ブックレット付き
試聴できます

多くの音楽家が推薦するお薦めの1枚。

定価:2,000円(税込) 購入ページへ
 

プロの音楽家も推薦する深見東州の魅力が詰まった1枚――

私が推薦します

小林旭(歌手、俳優)
 どの曲もとても素晴らしい。
私は多くのヒット曲を歌ってきましたが、深見さんの作る曲はとても独創的で、それでいて音楽の基本は忠実に押さえている。歌詞にも物語があって、ドラマ性を感じさせるものや、オリジナルの世界観をしっかりと持った歌詞があり、作詞家としても作曲家としても、非常に素晴らしい感覚の持ち主だなと思います。どの曲にも、歌にこめる心があって感心します。
深見さんが、16年前に作られたという「札幌の女性」「福岡の女性」などのシリーズが、どれも情感豊かでとても好きです。最近の曲では、「ジダンダ」と「ネッシーのブルース」がとても好きで、私のCDでもこの2曲を歌わせて頂きました。私のCDでは、21世紀の旭節として歌っていますので、よろしければ、是非そちらも聞いてみてください。
グレゴリー・ユーリシッチ(世界5大バリトン)
 東州さんは、ベルディ、プッチーニ、モーツアルトのオペラを、全幕主役でフルに歌い、演技と美声で魅了するオペラ歌手である。世界レベルの正しいベルカント唱法を、短期間で完全にマスターし、高音域から低音域まで、ムラなく自然に歌えるのは驚きである。本当に、よく隅々まで声が飛んでいる。しかし、それだけではない。そこから、オペラやベルカントの臭みを抜いて、スタンダード・ジャズや、日本のポップスや演歌まで、ハートで素晴らしく歌えるのは、もっとも驚きである。こういう才能がある人は、アジアでは見たことがない。もちろん、世界でも類を見ない才能であり、オペラ歌手としても、世界レベルだと言える。音楽の女神ミューズに、本当に愛されてる人だと思う。
栗林義信(東京二期会理事長)
 深見東州さんの作詞、作曲した曲は心温まる、心なごむ曲ばかりです。そして、ぐっと胸に響く歌声です。大変素晴らしい。ポップスをこんなに上手に歌うオペラ歌手を初めて見ました。ミルバ(女性歌手)の、男性版を聞いている感じがします。
美野春樹(作・編曲家、ピアニスト)
 希有の才能の閃きと、大人の童話心との素敵な融合の世界だ!